過去と未来の被害額を計算してみる

今まで ぱちンコ・スロっトに吸い取られたお金…トータルの負け額は一体どれくらいだったのか…あなたは計算したことはありますか?

計算を進めていくと、仮に ぱちンコ依存症を克服できずに打ち続けてしまった場合、死ぬまでにどれだけお金を失うのか……未来の被害額もおおよその数字ですが分かります。

一緒に計算してみましょう!!!

まず、過去に ぱちンコ・スロっトで、どれだけお金を失ったのかを計算してみる。

私と同じように辞めたいと悩んでいる依存症の方は、月に失ってしまう額はだいたい決まってきているのではないかと思います。月によってバラつきは勿論あると思いますが、だいたいこのくらいは失っているなという数字(平均)を思い浮かべてください。

ミィ
ミィ

私は、平均で

月8万円は失っていたかな。。

月の平均負け額に、12をかけます。

これで、1年間で溶かしてしまう金額がおおよそ分かります。

私の場合は、少なく見積もっても、月に8万円はマイナスになっていたので、8×12=96万は1年間で失うという計算になります。

これに、歴年数をかけると、今まで ぱちンコスロっトで溶かしてしまったであろう金額がだいたいの数字ですが出ます。。

私のぱちスロ歴は18年なので……、

私の場合は、なななんと、、

96万×18年間、、、=

1728万円も失っていたことが判明しました。涙

18年の間に色んな方法を試みながら禁パチ生活を頑張って打っていない時もありましたので、月間平均損失額は8万円に設定しましたが、ひどい時は月30万くらい…いや50万?いやもっと?(考えたくない😞)は失なっていたので、実際はもっともっと金額は上になるかもしれません。。。(昔からずっと収支をつけておけはよかったと後悔。)

未来の被害額の計算式

次に、これから先、ぱちンコスロっトを辞められなかった場合、死ぬまでにいくら使うことになるのか計算してみましょう。

あなたの残りの寿命の年数に、先程の計算で判明した1年間で溶かしてしまう金額を かけ算すると、この先どれくらいお金を失うことになるのかが分かります。

寿命は誰にも分かりませんが、日本人の平均寿命から現在のあなたの年齢を引いてみましょう。

ちなみに、令和2年のデータによると、日本人の平均寿命は、男性81歳女性87歳

私は38歳の女なので、87−38で、49歳この先 生きると仮定します。

1年間で溶かしてしまう金額は私は、96万でした。

これに、この先 生きるであろう49年を かける。

96×49=、、、、。

、、、、、。

4704万円!!平均寿命まで生きて、依存症を克服できなかったら失うみたいでーーす(;ω;)

ミィ
ミィ

少なく見積もってコレだから…

みぃこ
みぃこ

本気出したら……

5000万円は余裕で越えるなw

あぁなんて馬鹿らしい!!と思いませんか???

こんな大金を失い、大切な時間も失い、人間関係信用信頼も失う。それでも ぱちンコ屋に行きたいですか?

私は、『この先 ぱちンコを続けてしまったら失う額は→4704万円』と、数字を常に頭の中に入れて生活しています。行きたくなったら、4704万円を失う事になっても本当にいいのか?と自問自答すると『そんなのは嫌だな』と、行きたい気持ちがスーっと収まります。

ちなみにこの数字を待ち受けにしています(^_^;)禁パチ対策としてかなりオススメ◎です‼️‼️👍🏻

スクショしたりしてよかったら使ってくださいね⬇︎⬇︎😅

数字は写真のアプリでテキスト入力してみてね☆

ちなみに、私のは…..こんな感じ(^^;;

幸せな人生にする為に、禁パチ生活頑張っていきましょう!!!

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました