パチンコをやり始めたきっかけ⓶

パチンコをやり始めたきっかけ⓵の続きです。

私は彼に内緒でパチンコ屋へ一人で入りました。

3万程勝ててしまったのです。

やり始めた当初はデータも釘も分からないので直感のみ。

(この台が呼んでいる…😶)そんな感じでしたので、その後も、負ける時の方が多かったけれど、たまーに勝てたりしました。

当時はまだ時短もない頃で、リーチの種類も5種類くらいしかなく、シンプルだけど、それが良かった時代。このリーチは熱いのかな!?これは熱そう…とかドキドキして外れたー>_<と思ったら、弱めのリーチで当たったり。

今みたいに、赤保留待ちーとか、最後のカットインが緑でガッカリーとかもなかったし、いつ当たるか分からないドキドキ感が楽しかったです。

私はこの頃、カラオケ屋の深夜のアルバイトもし始めました。と、同時に、彼に「今日は夜勤のカラオケ屋のバイトだよー」と嘘をつき少しずつ始めたのが、キャバクラ。


最初は、男友達がキャバクラのボーイをしていて、「人がいないから、1日だけでいいから来て欲しい‼︎助けて‼︎お願い‼︎(T-T)」と、連絡が来たのが始まり。


キャバクラなんて、いかがわしいイメージだったし、おっさんと話すだなんて、私には無理!絶対に出来ない仕事…いや、やってはいけない仕事だと思っていたので、丁重にお断りすると、「友達と一緒に来ていいから‼︎話さなくていい、ニコニコしてれば大丈夫‼︎お願い‼︎(>_<)」と、しつこい。


丁度その時に友達が横にいて、(どーせ、友達も断るでしょう)と一応「男友達が今、こう言ってるんだけど…」と説明したら、そのコの返事は、「えっ‼︎いいじゃん(^o^)‼︎行ってみようよ(*^ω^*)‼︎」と、意外な返事が返ってきてびっくりした。


友達も一緒なら、…ま、いっかー。そんな安易な気持ちで初めてキャバクラの世界に入る。


まず、時給にびっくりした。

体験入店でも、夜勤カラオケバイトの2倍もらえる!!そして、酒を飲んでも、お金がもらえる!!


私が行ったお店にはドリンクバック制度というものがあって、びっくりしたし、私はお酒が好きで強い方なので、テンションが上がった。

一杯1000円もするボッタクリなドリンクをお客さんにおねだりして、頼めると、500円バックされ私のお給料にプラスされるのだ!酒飲んで、金もらえるだなんて、どんだけ!!

私、指名は取れないけど、ドリンクバックで稼ぐわー( ´ ᐞ ` )ビール下さい!ビール!うぃーー!!٩(*´∀`*)۶♡🍺🍺🍺


待機中は友達とワイワイして、酔っ払って、遊んでいる気持ちだった。仕事しているという気持ちはさらさらない。わあ、こんなに楽してお金が稼げる世界があるのかー!楽しいなー!!🎶🎶


そうやって、簡単に軍資金は作れたので、借金をしてまでパチスロにハマることもなかった。


パチスロで負けたら働いて稼いで、またお金に余裕が出来たらパチ屋へ遊びに行ったりした。


パチスロも、たばこも、キャバクラも、全て、やめようと思えばすぐにやめれると思っていた。

今は遊べる学生なんだ。あと2年くらい、社会人になれたら絶対やめれるよ。その時が来たら、真面目になれる。大丈夫。


そんな考えでした。20年後、こんなに苦しんでいるとは知るはずもなく…

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました