パチンコスロットを大切な人に絶対に教えてはいけない

友達や仕事仲間を誘ったり、彼女を店に入れたり。自分がパチスロをしていると軽い気持ちで「一緒にやってみようよ!」と その世界に引きずり込んでしまうことがあると思います。

それは私にもあって後悔している日々です。ギャンブルの知識が全くなかった私の家族を連れてパチ屋へ入店してパチンコを教えてしまいました。

私の父方の実家へ遊びに行っていた時に、特にやる事もなく、商店街を歩いていて目に入ったパチンコ屋に入りたいと私が言い出して、母親と妹に付き合わせて入ってもらいました。

タバコを当時吸っていた私は、喫煙がてら軽い気持ちで入店しました。

打ったのは、アホズラかまして魚が泳いでいるあの機種。時短がギリギリ付き始めたくらいの昔(私が21歳とかなのかな。)ですが。

まずは私が1000円タバコを吸いながら打つ。みんなでやってみない?と私が提案して、母がゴソゴソと財布から1000円を3枚出してくれてみんなで打ちました。

3人で横並びで仲良く打ちました。

でも特にアツイ演出もなく終わりました。

お金勿体無い。と母。

すぐに外に出ました。

その後、妹はパチンコにハマってしまったようで1人で行くようにもなってそこから彼女の人生を変えてしまったように思います。

私は罪深い事をしてしまったと後悔してもしきれません。

妹は、私のように煙草を吸う事は真似しなかっただけよかったですが、彼女をギャンブル脳にしてしまった事の責任を感じています。

母は、幸いにもギャンブルにハマることなくいてくれました。

近所のスーパーで昼にすれ違う事が多いのですが、ついこの間も後ろ姿を見て、パチンコにハマらないで家族の為に頑張ってくれて本当に有難うと強く心から思いました。

私も、母のようにならなくては。

誰しもがハマるわけではないのでしょうけれど、わざわざこちらからキッカケを与えてはいけません。

その方の事を本当に大事に思うのなら、絶対にだめです。

その方の今後の人生を狂わせてしまう事は、殺人と同じくらい重い事じゃないかと個人的に感じています。

大袈裟に聞こえるかもしれませんが、それくらいの事です。時を戻したい。

パチンコ、スロットを、大切な人に教えてあげるのは絶対にやめましょう。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました